学校や勉強スペースに適したデザイン
学校の教室においても、空間デザインは非常に重要です。学校は国の教育を担う場所であり、子どもたちがまさに学業に取り組む環境そのものだからです。

学校や勉強するスペースに関する空間デザインとはどのようなものなのでしょうか?

学校のデザインに求めらる要素

学校や教室のデザインで、まず優先されるのは安全です。学校は学業のみならず生活空間でもあるため、子どもたちは日々様々な活動にいそしみ、当然危険に巡り合う可能性も抱えています

教室や廊下、玄関や中庭の設計も、まずは安全が優先されます。昔はよくケガをしたり危険な場所があることに慣れていましたが、近年では安全性と拡張性のある建屋が好ましいとされています。

一つの教室が一つの目的を果たすのは昔の話なのかもしれません。現在では、授業に電子機器の導入も進み、ますます学校教育の在り方が変化しています。その中で教室に求められる役割も大きくなり、空間の構築には柔軟性や効率が重視され始めています。

例を挙げるとすれば、音楽の教室や調理のための教室を別々に設けるには、それだけのコストとスペースを必要とします。しかし収納やシステムを見直すことで、教室の機能を統合したり、設備の簡略化や最適化によるデザインが模索されています。

海外の学校デザイン

日本以外でのデザインはどうでしょうか?子どもたちの自主性や思考力を養うため、より人とのかかわりが多いようにデザインされている国が多くなっています。

日本では、教室は一人一人が机を持ち、黒板と向かい合って座るスタイルが一般的です。しかしイギリスなどの例を見ると、机というよりは食事のためのテーブルに5~6人が一緒に座り、会話や議論の発生を誘発するようなシステムを取っています。

フランスでは机を円にして先生を囲むように座り、必要が生じたとき、その生徒のところへ行って手助けをするようなシステムが取られています。

どれが効果的な空間デザインかに関する議論は後を絶ちませんが、それぞれの違いは、子どもたちの学業の質や方向性を変化させることが観察されます

勉強スペースの必要条件

自宅の勉強スペースについても考えてみましょう。住む環境が違うゆえに差はあるものの、静かで明るいところが勉強に集中できるという一般的な見解を考えるのは役に立つはずです。

整理整頓された、目的のはっきりしたスペースは勉強に集中しやすい特徴があります。

まとめ

集中力は環境にかなりの程度左右されます。出来るだけシンプルで気の散らない環境で、学業に打ち込めるようサポートするのもデザインの大きな責任です。