店舗に適した空間とディスプレイ
店舗における空間デザインやディスプレイは、多くの場合業績などと結びついています

レストランや販売店、あるいはサービス業などでも空間デザインは影響力があり、数多くの要素から成り立っています

店舗に適した空間デザインとは何でしょうか?

目的に合ったデザイン

店舗と言っても数多の種類がありますが、まずは店や営業の目標や目的をはっきりさせるところから、常に始まります

どんな客層を狙っているのか、収容人数はそれほどを想定しているか、落ち着いた店内にするのか、明るくエネルギッシュな場所にするのか、こういった目的やイメージによってデザインや商品のディスプレイは大きく変わってくるでしょう。

ある目的のためには役に立たないデザインでも、違うお店ではまさにそれを探していたというようなことも起こるのが店舗における空間デザイン、そしてほんのちょっとしたディスプレイの方法です。

文化形成を担っている!?

さらに、店舗のデザインは、文化の形成にとっても重要です。外国に旅行した際、お店の外観やディスプレイが珍しくて見入ってしまう人は大勢いらっしゃいます。実際、通りや商店街を歩いているだけで興味深くわくわくするものです。

その理由の一つは店舗のデザインであり、まるでその国を代表するかのような存在感があります。それだけ店舗デザインの重要性を物語る事例であり、そこにはオシャレかどうか以外の要素も多分に含まれています

素材の重要性

店舗における空間デザインのプロフェッショナルたちは、素材の質感も非常に重要視します。これは言葉では説明しづらい分野で、多くは感性や好みに基づいています。

しかし、店舗の空間デザインにおける素材は、お客様がその店に入った瞬間に「感じる」ものを直接左右し、ひいてはそれがその店の印象や感想に直結する一にも二にも大切な要素です。

例えば、木を使う空間デザインは温かみを感じさせますが、使用するのはまっさらで清潔感のある木なのか古材なのか、あるいは古材に見えるように加工した新材なのか、本物の古材なのか、その素材によって随分と印象が変わってきます

そしてそれらは予算にもかかわってくるため、入り口やロビーの一部に本物を使い、その他の目につきにくいところは加工品で済ますというようなアイデアも必要です。

質感や感じ方は微妙ゆえに、完成してから分かることがデメリットとも言えますが、経験を積んだ空間デザイナーはそのノウハウもしっかり蓄積しています。

まとめ

店舗デザインは常に変わり続けています。快適な空間の開発は、消費者にとっても重要なポイントです。