資格の受験日程の目安
空間をプロデュースする仕事は日々刺激に溢れています。それに至る修業期間などの下積みも必要ですが、もし独立まで続けられるとすれば、非常にクリエイティブな仕事になります。

それには、空間デザインの資格を取得すること非常に後押しになるものですが、資格試験はどのように受ければ良いのでしょうか?

試験の日程など

資格試験の様相は、その資格を発行する団体によって変わってきます。例えば、当サイトでおすすめしている通信講座が目指す資格は「空間ディスプレイデザイナー1級・2級」です。

どちらも日本デザインプランナー協会が発行する資格で、空間デザインやディスプレイ、照明技術に関する知識と技能を有していることを証明する資格です。この資格は、試験はインターネットから申し込むことができるもので、受験資格は特にありません

受験費用は10,000円で、在宅受験が可能です。試験は二か月ごとに開催されており、いずれも規定の日数以内に試験用紙の回答を記入して提出し、合格結果を受け取ります。二か月に一回開催されているため、受験は非常に簡単です。

しかし試験は合格しなければなりません。前述の空間ディスプレイデザイナーで言えば、70パーセント以上の評価を受け取る必要があります。合格できなければ再び試験を受け10,000円を払う必要が生じますので、可能な限り合格できるレベルの知識や技能をに身に付けておきたいところです。

講座がおすすめな理由

そこでおすすめするのが、諒アーキテクトラーニングの「空間ディスプレイデザイナー資格格取得講座」やSARAスクールジャパンの「空間プロデュース資格取得講座」です。

これらの通信講座はどちらも、最初のカリキュラムからこの二資格を目指しており、非常に効率的な学習を可能にします。民間資格と言っても簡単な訳ではありません。

出題範囲を絞るのは簡単ではなく、独学では効率的な学習が難しいものとなっています。可能な限り正確に体系的に勉強することが合格への道となります。

試験で問われること

試験では何が問われるのでしょうか?

芸術的な話も絡んでくる空間デザインの資格は比較的難易度が高いと言えます。試験ではものをディスプレイする際の陳列の効果や種類、補充の仕方、乱れが生じにくい陳列方法などを問われます。

前進立体陳列」や「超量感陳列」といった単語をお聞きになったことはおありでしょうか?これらはしっかりと試験のために学習しておく必要があります

まとめ

勉強すれば合格は可能です。確実に合格するために、通信講座などを活用してしっかり学習しましょう。