職場の空間に適したデザイン
職場における空間はデザインは、もしかすると自宅以上に重要かもしれません。会社の売り上げや社員全体への士気に対する影響力が非常に大きいからです。

職場に適したデザインは、もはや世界中で研究される一つの学問のようです。オフィスを例に近年のデザインを考えてみましょう。

机の重要性はデスクワークならでは

オフィスと言えば机です。机の無い事務作業は不可能で、机無しにはデスクワークと呼ぶことはありません。最近では左右どちらかあるいは両側に収納がついている「片袖」「両袖」の机が減ってきていると言われています。

これは業務の変更や新しい機器の導入を考えると、より自由の利く何もない机の方が対応力があり、かつ長く使っていけるからです。フリーアドレスタイプなどとも言われ、オフィス内部のレイアウト変更や増員、電源の配置などにも柔軟に対応できます。

イス

さらにはイスもオフィスの重要な要素です。オフィスチェアには頑丈なものか、デザイン性のあるものが注目されがちですが、やはりそこで働く人の健康を無視したイスは長くは使えません

コンピューターの業務が当たり前になりデスクワークの作業時間も増えた現代では、社員の健康や体への物理的な負担も死活問題となり得ます。そこでオフィスチェアーの機能性や実用性を重視し、社員一人一人に合わせた調節機能を求める企業もあります。

前傾姿勢で股関節に負担をかけ過ぎないものや、通気性や衛生的な機能を持つものが人気です。イスはオフィス空間の中でもコストがかかる部類に入りますが、社員の健康や実際の業務への影響を考えると、今後も常に需要がある分野の一つです。

内装の影響力

内装のデザインについてはどうでしょうか?内装は良くも悪くも、そこで働く人に影響を与える非常に重要な要素の一つです。最近ではタイルを活用した軽快なデザインや見た目にこだわるオフィスもあります。

石板風のタイルやレンガ風、木目調などデザインは様々ですが、タイルで壁一面を覆うと、一気にあか抜けた空間に仕上がります。オフィスが目指す目的や雰囲気に合わせて、天然石を使用したタイルで高級感を演出したり自然な空間に仕上げたりと、デザインの自由度も高いのが特徴です。

あるいは、ガラスで透明感を出すのも有効です。透明感は空間を広く見せる効果があり、狭いオフィスなどでよく採用される素材です。

まとめ

今回はオフィスだけを例に挙げましたが、それぞれの職種で求められるデザインもまた違います。快適な空間は目的に準ずるいい例です。