資格取得に必要な基礎知識
「空間ディスプレイデザイナー2級」資格や「空間ディスプレイデザイナー1級」資格を取得することで、プライベートでも仕事でも可能性が広がります。

しかし、こうした資格の取得のためには、幅広い内容の知識が必要です。おさえておく必要のある分野の知識はどのようなものなのでしょうか。

多岐にわたる知識が必要です!

「空間ディスプレイデザイナー2級」資格や「空間ディスプレイデザイナー1級」資格を取得するには、多岐にわたる分野の知識が必要となります。

例えば、前進立体陳列、サンプル陳列、先入れ先出し陳列、縦陳列、オープン陳列、投げ込み陳列、繰り返し陳列、積み重ね陳列、補充陳列、陳列の効果、売上を伸ばす陳列テクニック、色の整理法、色の特徴、暖色と寒色、病院での色使い、高齢者住宅での色使い、季節感を演出する色、おいしく見える色、カラーコーディネート、カラーマーケティング、明るさと照度、照明器具を選ぶ注意点、照度計算、お客様の誘導効果を高める照明、ショーウインドーの照明演出、高圧ナトリウムランプ、高圧水銀ランプ、などがその内容となっています。

講座を活用することもできます!

こうした多岐にわたる分野の知識内容を、短期間で効率良く学習して行くために、講座の活用を検討するのも良いでしょう。

この点、諒設計アーキテクトラーニングには、「空間ディスプレイデザイナー2級」資格と、「空間ディスプレイデザイナー1級」資格の2つの資格が取得可能な、「空間ディスプレイデザイナー資格取得講座」が用意されています。

SARAスクールジャパンでも、同じ2つの資格が取得可能な、「空間プロデュース 基本コース/プラチナコース」があります。それぞれ、試験免除の講座もあります。

資格取得後の道にはどのようなものがありますか?

既に空間演出に関係した仕事をしている方や、アパレル関係の仕事をしている方の場合、これらの資格を取得することによって、顧客の信用を一層高められるでしょう。

現在の仕事の面でスキルアップするだけでなく、取得後独立して、講師としてカルチャースクールや自宅で講師として活動する道も開かれます

まとめ

「空間ディスプレイデザイナー2級」資格や「空間ディスプレイデザイナー1級」資格を取得するためには、サンプル陳列、先入れ先出し陳列、売上を伸ばす陳列テクニック、色の整理法、カラーマーケティング、明るさと照度、照明器具を選ぶ注意点、高圧水銀ランプなどなど、多岐にわたる分野の知識が必要です。

効率良く体系的に学ぶために講座の活用も検討すると良いでしょう。

空間ディスプレイデザイナー資格取得講座