空間デザインとディスプレイの重要性
お気に入りのお店やレストランが、なぜこんなに心地よいのだろうと、お考えになったことはありますか?

それは単にあなたの好みに合うからだけではなく、考え抜かれた空間デザインだからかもしれません。空間デザインとは何でしょうか?物のディスプレイがどのように影響するのでしょうか?

空間デザインとは

空間デザインとは、文字通り空間を自在に彩ることで、インテリアデザインやディスプレイニングと大きな関連があります。レストランや販売店、駅や病院などの公共施設、ホテルやラウンジのロビー、さらには美術館や大使館などの空間デザインの対象となります。

その空間をどう見せるか、何を置くか、どのように置くか、色や素材まで考えて配置するのが空間デザインです。これはつまりディスプレイとも関係があります。

ディスプレイやディスプレイニングなどという場合、物の置き方や配置する場所によって、一定の効果や目的を果たすもので、主に商品棚の陳列や配置などに関して用いられる言葉です。

どれほど影響があるか

この空間デザインやディスプレイは、それほど大事なのでしょうか?

街中には情報が溢れています。大都市などともなれば、目に入るものが多すぎて、どれに注目すればいいか分からない場合がほとんどです。過度に提供される情報は、本当に必要なものや欲しているものを埋もれさせる効果があるからです。

これは問題となります。特に何かの販売店の場合、自社の商品や陳列物が注目されてお客様の手に取ってもらえるように努力しているにもかかわらず、他に溢れる情報のせいで注目度が減ってしまい、集客力が落ちてしまう事があるからです。

これを改善するのが空間デザインであり、もっと直接的に関係するのがディスプレイです。

重要な要素

ディスプレイの仕方は非常に重要です。前述のように、店の売り上げを直接左右し得る力を持っているからです。これは本当にちょっとした違いでしかないケースもあります。

場所や目的に合わせて、あるいはより販売したい商品に合わせて、縦に置くのが効果的か横に置くのが良いか、まっすぐに置くのか斜めに角度を付けるのか、数は多くするか少数だけ展示するかなど、ディスプレイ次第で売り上げが変わるのがわかるでしょう。

それだけ買い物時の心理的な影響や、集団心理の及ぼす影響、目に入る情報のコントロールの仕方を熟知しているということを意味します。

まとめ

空間デザインにおける物のディスプレイは非常に重要です。この販売店の例に限らず、特に商売が関係する場所では扱う商品と同じほどの重要性を帯びています。