空間資格のスキルが生かせる現場は?
空間をデザインする知識や技能を身に付けたなら、意外なほど多岐にわたる分野で活用できます

商業は世の中の至るところに浸透しており、そこかしこで物を見せる「ディスプレイ」が行われているからです。

空間デザイナーの資格を生かせる現場にはどのようなものが考えられるか見てみましょう。

多岐にわたる内容がその可能性を広げる

空間デザイナーの資格で学ぶことは多岐にわたります。インテリアや色の知識だけではありません。

住宅のデザインやオフィスの配置例、販売店での商品のディスプレイ方法や色の組み合わせによる心理的効果、照明の種類やそれぞれがもたらす効果など、空間全体をデザインするには幅広い知識が必要です。

実際に経験を積んで成果を出せるようになることで、それらはむしろ働く現場を選ばなくなるほどのスキルになるでしょう。

販売店やオフィス

ディスプレイのスキルが生かせる現場の一つはアパレル関係でしょう。ただ整理整頓して商品を陳列するだけでなく、よりお客様の手に取ってもらえるようなディスプレイ方法が求められています

衣服は見るだけで買うことが難しく、ゆえに手に取りやすいディスプレイは、販売面で大きな武器となるからです。それにはほんの少しの知識やコツが必要な場合もあります。

しかしそれがプロのディスプレイと素人の違いで、実際に素人が見ても違いが分からないこともあるでしょう。それを演出しディスプレイするのがデザイナーの仕事です。あるいは、ご自身の努めている職場で空間デザインの知識を生かして改善することが出来るかもしれません。

オフィスや事務作業の場所も空間デザインの範疇に含まれています。それにはより快適で過ごしやすい空間にすること、狭く限られたスペースをより実用的で無駄なく活用できる場所へと変化させること、動線を考慮し業務がさらに快適に素早く行えるように無駄を減らすことなどは、すべて空間デザインが目指すところでもあります。

アイデア次第で見違えるほど快適で素敵な空間になる可能性があります。

倉庫でも空間デザインを生かす

倉庫や道具置き場などの普段は気に留めない場所でも、空間デザインの力は発揮されます。現場仕事などに従事しておられる方であれば、道具の片付け方や配置は非常に重要であることを痛感しておられるでしょう。

そこでより効率的な収納や角度すらも考慮することで、さらなる業務の効率化を狙えるかもしれません。

まとめ

空間デザインはそのスキルに活用の余地があります。あらゆる現場で人や商品、道具の空間をデザインし、仕事の質の向上を目指すことが出来ます。