資格講座の受講期間について
ディスプレイ方法や空間デザイナーを目指すのであれば、民間資格を取得する良いでしょう。

それによって、就職や仕事で有利になる可能性を上げられます。

資格取得のためにはその勉強が必須ですが、どれくらいの期間が必要となるのでしょうか?

半年が目安か

通信講座などで学習するのがおすすめです。内容は体系的で一から学ぶことができ、何より在宅ですべてを進められる利便性があります。通信講座であれば、平均的に半年ほどの期間を要するようです。

当サイトがおすすめする諒アーキテクトラーニングの「空間ディスプレイデザイナー資格格取得講座」や、SARAスクールジャパンの「空間プロデュース資格取得講座」であれば、さらなる短期間での学習が可能です。

おすすめの講座

これらの通信講座は、最短二か月で資格取得に至るようにカリキュラムが組まれています。しかし内容は幅広いもので、2ヶ月で取得するにはかなり時間を取ることが求められるでしょう。

しかし仮に一日30分しか取り分けられなかったとしても、半年でカリキュラムを終え、資格試験まで進めることができます。これは非常に便利です。週末の開いた時間にカリキュラムを進め、平日は30分程度の短時間で続けるといったことも可能です。

これらの講座では、日本デザインプランナー協会が発行している「空間ディスプレイデザイナー」の1級と2級の試験内容をカバーしています。どちらの資格も難易度は高めです。

デザインという芸術にも似た分野の学習となるうえ、専門用語やなぜそのデザインがその効果を生み出すかといった内容は、慣れていなければまったく分からない可能性もあります。

安心の個別指導システム

しかしこれらの講座がおすすめなのは、個人的な質問に対する回答システムにあります。例えば諒アーキテクトラーニングでは、郵送によって自分が分からない点やさらなる説明が欲しいことを自由に記入し、専門のスタッフによる回答を得ることが出来ます。

これは、直接講師と話が出来ない通信講座の弱点を補う効果的なサービスです。しかも回数は無制限です。万が一ついていけなくなっても質問を繰り返すことで分かるようになるまで続けることも可能で、せっかく受講した講座代や労力、時間を無駄にせずに済むでしょう

これなら安心して自分のペースでの学習を進められるでしょう。

まとめ

便利な通信講座の受講でも、可能な限り効率的に行いたいものです。無駄なく試験までことを進めることが出来れば、それだけ空間デザインについてさらなる学習に時間を当てられます

空間ディスプレイデザイナー資格取得講座