資格の難易度と勉強方法
ディスプレイの手法や空間を演出する方法についてもっと学びたいですか?

そうであればぜひ空間デザイナーの資格を取得しましょう。

資格の取得はどれほど難しいものなのでしょうか?また効率的な学習方法もご紹介します。

難易度は高い部類

デザインや色の分野を学ぶのは簡単なことではありません。販売業の現場でのディスプレイなどの効果や戦略も、日々現場で改良や挑戦が重ねられています。そういった内容を含むゆえに、資格取得の難易度は高めであると言えます。

デザインや手法に関する専門用語も多く、慣れていない方には用語を覚えるところも簡単ではないかもしれません。

色についてはどうでしょうか?色の分類、整理法、明度、彩度、色相などの種類を学んでいくのは楽しい作業であると同時に、ピンとこない方には非常に難しくなる部分でしょう。色には大きな影響力があり、それらをしっかりと頭に入れていかなければなりません。

これだけのことを効率よく学習していくには何が最適でしょうか?

講座で学習を容易に

当サイトがおすすめするのは通信講座です。通信講座であれば、何より在宅ですべてを済ませられる利便性が魅力です。

諒アーキテクトラーニングの「空間ディスプレイデザイナー資格格取得講座」や、SARAスクールジャパンの「空間プロデュース資格取得講座」であれば、資格の取得を目標としたカリキュラムによりさらなる効率的な学習が可能になります。

このどちらの資格も、日本デザインプランナー協会が発行している「空間ディスプレイデザイナー」の1級・2級の取得をサポートしており、資格の取得に向けた内容が充実しています。

講座には攻略テキストや練習問題とその解答集、そして資格試験を想定した模擬試験や解答集が付属しています。

資格免除の特権

これらの講座がおすすめなのはそれだけではありません。前述の日本デザインプランナー協会が認定する通信講座という強みを生かし、試験の免除を特典として付帯させる講座もあり、その講座を受講することで、資格の取得はさらに容易になります

スペシャルコースやプラチナコースならその特典がついています。これらの講座は、卒業課題の合格と同時に資格試験の免除となり、資格の授与に進みます。どうしても資格が欲しい方や自信がないという方は、これらの特別なコースを選ぶのも良いでしょう。

まとめ

資格の難易度は高めですが、取得は不可能ではありません。サポート体制が整った講座を選び、無駄なく資格取得まで到達できるように頑張りましょう。

空間ディスプレイデザイナー資格取得講座