空間ディスプレイデザイナー2級資格
空間ディスプレイデザイナー2級は、空間ディスプレイの基礎と応用技術を有していることを認定する資格です。

色彩の基礎的な知識、ヴィジュアルマーチャンダイジングの基礎知識、空間の陳列の基礎や応用などが出題されます。日常生活に加え就職にも役立てられる可能性があります。

空間ディスプレイデザイナー2級とはどのような資格なのでしょうか?

空間ディスプレイデザイナー2級は、日本デザインプランナー協会(JDP)が認定を行う資格です。

資格を取得するためには、ヴィジュアルマーチャンダイジング(VMD)の基礎知識、色彩の基礎的な知識、空間の陳列の基礎や応用など、幅広い内容の知識をおさえる必要があります。

空間ディスプレイデザイナー2級を取得すると、どんなメリットがあるでしょうか?

空間ディスプレイデザインには、照明技術、陳列の知識や技術、色彩演出など、様々な技能が必要とされますが、空間ディスプレイデザイナー2級の資格を得ることによって、空間ディスプレイデザイナーとしての技術レベルや知識レベルを有していることが客観的に示されるようになります。

そのため、資格を取得した後はカルチャースクールや自宅で講師として活動する可能性が開かれます。

さらに、既に空間演出に関係した仕事をしている方や、アパレル関係の仕事をしている方は、現在の仕事の面でスキルアップをしたり、お客様からの信用を一層高めたりする上で役立つことでしょう。

資格取得にのための費用はどれ位かかりますか?

空間ディスプレイデザイナー2級資格の受験の料金は10,000円(消費税込み)です。手軽にインターネットで申し込むことができますので、決められた場所にある窓口までわざわざ出かけて申し込みをする必要はありません。

この試験は、自宅で受験が可能です。電車や車などを使い、余分の交通費をかけて定められた試験会場に出かける必要もありません。大抵の方は、緊張しながら受験するよりも、リラックスした状態で受験した方が実力を出しきれるのではないでしょうか。

在宅受験なので、いつもの環境でリラックスして受験できるメリットがあります。

まとめ

空間ディスプレイデザイナー2級資格を取得できれば、現在の仕事の面でスキルアップをしたり、お客様からの信用を一層高めたりできる可能性があります。受験の費用も高くはなく、10,000円(消費税込み)です。在宅受験ができますので安心です。

空間ディスプレイデザイナー2級資格