資格のカリキュラムと学べること
空間デザインに関する資格では何を学べるのでしょうか?デザインはデザイナーの感性やスキルに依存しています。

そういった手法やデザインに隠された技術を見て、それを自分が生み出せるのがデザイナーです。その資格内容を少しだけご紹介しましょう。

重要なディスプレイの世界

空間デザイナーの仕事には、多分にディスプレイが含まれます。ディスプレイとは、物の場所や順番、向きを配置することで、意外なほど影響力のある作業です。

プロのデザイナーがディスプレイを担当すると、売り上げに明確な影響を及ぼし、しかし一見素人目には何の違いがあるのか分からない隠された技術です。

ディスプレイ無くして物は販売できず、商業が存在する以上いつまでも需要のある分野とも言えます。商品の陳列に関する知識はあらゆる職種で活用でき、それだけでも仕事に役に立つと言えます。

色と照明

芸術的な要素が絡むのは色の世界です。空間デザイナーは色について深く理解しておかなければなりません。色には有彩色や無彩色、トーン、色調など基本的な分類法があり、それぞれの色が持つ心理的な効果やイメージも理解する必要があります

普段何気なく目にする企業のロゴやマークにも、意味が込められたデザインとカラーが与えられており、それを読み解く知識を身に付けていきます。

さらにはより集中力を増す色やリラックスさせる色、上品に見せる組み合わせやそうでない色との違いなど、デザインの中で抜群の存在感を示す色という要素について体系的に学んでいきます

照明も空間デザイナーの重要な仕事の一つです。照明の持つ効果は時に商品以上の影響力を持ち、照明一つで雰囲気や客層さえもがらりと変わってしまうことがあるほどです。照明の基礎知識や演出方法を学びます。

講座で効率よく学ぼう

それらのことを独学ですべて学ぶのは非常に骨の折れる作業です。そこで当サイトでは、諒アーキテクトラーニングが提供する「空間ディスプレイデザイナー資格格取得講座」や、SARAスクールジャパンが提供している「空間プロデュース資格取得講座」をおすすめしています。

これらの講座であれば、最初から資格の取得を目的にカリキュラムを用意しており、進めていくだけで学習と試験対策が出来るようになっています。初心者を対象にした講座もあり、自分のペースでの学習を応援しています。

まとめ

資格のカリキュラムでは幅広くデザインについて学んでいきます。主に販売業や演出に活用できる知識であり、多岐にわたる内容を体系的に理解することが可能です。