資格取得にかかる費用と支払い方法
空間デザイナーの資格を取ることには幾つかのメリットがあります。

より明確な肩書を得ることで、自分の立場を示すことが容易になることもあります。

また、資格の取得の過程における学習などを通して、学ぶことも多いでしょう。

そんな資格取得にはそれだけの費用が掛かるのでしょうか?

一般的な相場

資格そのものは、資格試験に合格すれる事で取得できます。受験のために、いくつかの条件を課しているところもありますが、国家資格や実務経験が求められる職種ではないため、受験条件は容易な部類に入ります。

試験の費用を調べると、受験費用が1~3万円、資格講座や通信講座が5~20万円といったところです。支払い方法は試験会場で支払うものや、事前に銀行振り込みやクレジットカード決済で払うものがほとんどです。

資格に至るまで、独学ですべて進めることも可能ですが、学ぶ範囲の内容の多さを考えると、講座などを活用して体系的に学習する方が効率的です。

おすすめの講座のメリット

当サイトが度々おすすめするのが、諒アーキテクトラーニングの「空間ディスプレイデザイナー資格格取得講座」やSARAスクールジャパンの「空間プロデュース資格取得講座」です。

これらの講座は資格の取得を最終目的としており、カリキュラムの最初から、資格取得に向けた効率的な方法で学習を進めるられるようになっています

取得を目指すのは、日本デザインプランナー協会が発行している「空間ディスプレイデザイナー」の1級・2級です。2級のみを目指す講座と、どちらも取得する講座とがあり、目的や目指すレベルに応じて選びましょう

2級のみの講座が59,800円であり、1級も含む講座は120,000円となっています。どちらもそれなりに高額ですが、資格の取得に向けたサポートは万全です。

講座には、攻略テキストや練習問題に始まり、ディスプレイ・照明・色に関するそれぞれの解説本、用語辞典、そして試験を想定した模擬試験用紙とその解答集が含まれます。

100パーセント確実な取得を目指す

さらに、スペシャルコースやプラチナコースといった特別な講座も用意されています。こちらの講座の場合、日本デザインプランナー協会が認定する通信講座であるがゆえに、試験免除の特典を受けられます

試験に落ちる心配がなく、卒業課題の合格と同時に資格試験をパスできる制度になっています。それなら卒業課題が相当難しいのではと思われるかもしれませんが、郵送の質問用紙で、何度でも個人指導を受けられるようになっていて、その面でのサポートも抜かりありません。

まとめ

効率的に試験まで進められる講座を選びましょう。資格試験のためには体系的な学習による理解が不可欠です。

空間ディスプレイデザイナー資格取得講座